オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

大学生編 就職する際の業界選びで大事なこと

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信

-------------------------------------

こんにちは。オプショナルキャリア研究所 代表の狩谷昇です。

 

「仕事が途切れない人になる」の続編です。
前回は「黒字社員でいるために」までお伝えしました。

 

今回からは年代別に、仕事が途切れない人になるために考えるべきことをお伝えしていきます。

まずはこれから就職する大学生向けに。

これから就職する学生の皆さんにお伝えしたいことのまず一つ目は、就活は頑張った方がいいということ。

そして20代で働く業界・会社でその後の人生のおおよその方向性が決まる、ということ、です。

 

まずは業界選び。

これから「来そうな」業界を選ぶこと。これ大事です。
今はまだあやふやだけど、これから沸騰すると話題になっている業界に入り込むことが大事。

既に沸騰していますが、わかりやすく例を挙げれば

AI、IoT、MaaS、Finteck、あとは観光あたりでしょうか。


もちろんそういう話題になっているという時点で、既に狭き門になってしまっている可能性はありますが、多くの普通の学生はそんな危なっかしいところに応募してきません。
逆に、山っ気のあるギャンブラーが集まります(笑)。

確かにそういう業界は流動性も高いでしょう。
どんどん人が他業界から入ってきて、そしてどんどん辞めていく。
そこでそれなりに可愛がられると人脈ができるんです。
だから若いうちにそういう業界に入って、「こいつは使える」と思われておくと、先輩が辞めて行った先の会社から声がかかりやすくなります。

そして人の流動性を見極める一つの着眼点としては、「自社もしくは自社グループだけで全部やろうとしない業界」です。
仕事の全体像の上流から下流まで全て自社もしくは自社グループでやっている業界では、人の流動性もグループ内で閉じていることが少なくありません。
会社にもよりますが、それだけ自社もしくは自社グループの力が強いところだと、そこから出た人はあまり快く思われない可能性が高くなります。
わかりやすいところでは旧財閥系の企業に見られる傾向です。

それよりもどんどん仕事を外に出す会社であれば、取引先に転職する(声がかかる)人の割合も増えます。

一つの目安にしてください。

 

-------------------------------------

こんなはずじゃ…と後悔しない生き方を

 

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信