オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

ブックレビュー 『岩田さん』~こんな上司の下で働いてみたかった…

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信

-------------------------------------

おはようございます。オプショナルキャリア研究所 代表の狩谷昇です。

今日はブックレビューをお届けします。
紹介したい本は山ほどあれど、旬がある本もあります。今回お届けする
のは、先日ほぼ日から発売された『岩田さん』。

早速3刷が決定したそうですね。今、最も旬でかつオススメしたい本の
一冊です。

この岩田さんとは、2015年7月11日にお亡くなりになった当時の任天堂
代表取締役社長岩田聡氏のこと。
任天堂という山内家がオーナーの会社で三顧の礼をもって取締役として
迎えられ、山内家ではない人が初めて社長になったのがこの岩田さんです。

岩田さん自身は社長という役割だから人前に出ることは多かったものの
著作とかは残していません。
ただ糸井重里さんと仲が良かったことからほぼ日のサイトにはしょっちゅう
登場し、沢山の対談が残されています。
今でもサイト上にはほとんどが残されていますが、それらを編集し直して
岩田さんについてまとめあげたのがこの本。
巻末には宮本茂さんと糸井重里さんの特別対談も収録されています。

私はゲームマニアではないので、岩田さんが開発したゲームの凄さが
他のゲーム好きな方々に比べると実感としては正直よくわかりません。
とはいえ数多くの名作と言われるゲームを産みだし、社長就任後に
ニンテンドーDS、Wiiといったハード(ゲーム機)を世に送り出すなど
任天堂が世界に飛躍する原動力となった方です。
ゲーム創り、そしてプログラマーとして天才であり、経営者としても
稀代の才能を持った岩田さんの思考がどう出来上がったのか、その
一端が垣間見れます。

従ってこの『岩田さん』はマネジメントの本としても本当に秀逸です。
岩田さんの名言のいくつかを紹介しましょう。


人間はやっぱり、自分のやったことをほめてくれたりよろこんでく
れる人がいないと、木には登らないと思うんです。

わたしは「判断とは、情報を集めて分析して、優先度をつけることだ」
ということがわかったんです。「そこで出た優先度に従って物事を
進めていけばいい」と思うようになりました。

変な言い方になりますが、人は逆さにして振らないと、こんなにも
ものを言わないのか、と改めて思いました。

自分がどんな会社で働きたいかというと、「ボスがちゃんと自分の
ことをわってくれる会社」や「ボスが自分のしあわせをちゃんと考えて
くれる会社」であってほしいと思ったんですね。

「私心というものを、どれだけちゃんとなくせるかが、マネジメントでは
すごく大事だ」と私は思っているんです。

同じ価値観を共有できていることがわかると、お互いすごくしあわせに
なるんですよ。

わたしが面談でどれくらい時間をかけているかというのは、つまり
「相手がすっきりしたらやめている」ということなんです。その意味では
「できるまでやる」。それも決めたんです。

マネジメントなんか大嫌いで、「ものづくり一筋の職人としてやっ
ていきたい」と言ってたような人が、「人にものを教えるのは、お
もしろいなぁ」って、変わっていくのをわたしは何度も見てきました

才能というのは、「ご褒美を見つけられる能力」のこと

たとえば、ある料理店で、お客さんが出てきた料理について「多い」
と言ってる。そのときに、「多い」と言ってる人は、なぜ「多い」
と言ってるのか。その根にあるのは、じつは「多い」ことじゃなく
て、「まずい」ことが問題だったりするんです

「いまあるものを活かしながら手直ししていく方法だと2年かかり
ます。いちからつくり直していいのであれば、半年でやります」

携帯機、据置型ゲーム機も含めて、同じようなものをつくってても、
個性はない。個性がないところには価格競争が起こるだけだ

わたしが見つけた「天才の定義」があります。「人が嫌がるかもし
れないことや、人が疲れて続けられないようなことを、延々と続け
られる人」、それが「天才」だとわたしは思うんです

わたしはWiiえを開発するにあたって、「家庭内でゲームが敵視さ
れないようにするためにはどうしたらいいか」ということを延々と
考えてきたんです

そもそも、ライトユーザーとかコアユーザーとかを、切り離して考
えるべきではないとわたしは思うんです。だって、全員、最初はラ
イトユーザーじゃないですか

人間って、自分がしたことに対してフィードバックがあると、それ
によってつぎの動機が生まれるんですね。逆にいうと、フィードバ
ックのないことって続けられない。人は、フィードバックというご
褒美を得て動いているんです。

名刺のうえでは、わたしは社長です。
 頭のなかでは、わたしはゲーム開発者。
 しかし、こころのなかでは、わたしはゲーマーです。


どうでしょう?
本当にこの本は多くの人に手に取ってもらいたい。
個人的には今年これまで発刊された書籍ではベストの一冊です。
ぜひ読んでみてください。

 

-------------------------------------

こんなはずじゃ…と後悔しない生き方を

 

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信