オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

真っ先に任せたいと思われてますか?

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信

-------------------------------------

こんにちは。オプショナルキャリア研究所 代表の狩谷昇です。

前回の「仕事が途切れない人とは」では、仕事が途切れない人の定義をしました。

本日はなぜ「仕事が途切れない」ことが大事かについて考えていきたいと思います。

既に独立や起業をしている人であれば、それは生活に直結します。
これはとてもわかりやすい例ですね。会社組織の場合であれば、社長だけでなく、社員の生活も危ぶまれます。

 

では現在会社で働いている社員の人も、仕事が途切れないことが大事なのはなぜでしょうか?
会社で働いている以上、狭い意味で仕事が途切れなくなることはありません。
そりゃそうです。経営者側の観点からすれば、決して安くない給与・報酬を支払っているのに、遊ばせておくなんてことはしません。
その意味では仕事が途切れるなんてことはないでしょう。

ここでお伝えしたい「仕事が途切れない」は、会社にとって、そして本人にとって価値ある仕事をし続ける、という意味です。

会社からは常に「あいつに任せよう」と思ってもらえる存在。
本人にとっても「面白い案件が出てきたら振ってもらえる」存在であることが理想かと。
少なくとも社内失業状態にはならない、ということが大前提です。

社内の色々な人から「あいつに任せよう」と思われる存在になっていれば、社内の人が外に出ても思い出してくれることは意外とあります。


それが続いていけば、今後人生100年時代と言われている中で、健康でかつ多少なりとも収入を得続ける期間を延ばすことが生きる上での安心感につながります。

現在会社員だとしても、会社がいつどうなるかわからない時代。
仕事が途切れない人になっておくことで、どんな変化が起こっても動じずに対処することができます。

その結果として、簡単に言ってしまえば、仕事が途切れない人になれば、自分に自信が持てるようになります。だって「何とかなる」って思えるわけですから。
そしてそのような状態に自分の身を置いておくことが究極のリスクヘッジでもあり、セーフティネットとなっていきます。

明日は会社の中で仕事が途切れない人になるにはどうしたらよいか考えてみたいと思います。

あなたは、社内の誰に「仕事を任せよう」と思ってもらえていますか?
それは何人いますか?

 

-------------------------------------

こんなはずじゃ…と後悔しない生き方を

 

《メルマガにて最新記事・最新情報お届けします!》

【OCN】オプショナルキャリア通信