オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

8時間労働って?

ちょっと間隔が空いてしまいました。

プライベートのことはあまり書かないつもりでしたが、このお休みしていた間にホントその通り、と思うことがあったので、触れてみたいと思います。

 

私がブログやツイッターをフォローしている一人にちきりんさんがいます。

先週話題になったツイートでこんなのがありました。

https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/1148853770140278785

 

このツイートは色々なところで引用されていたので、目にされた方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも現在の8時間労働に限らず労働法規のほとんどは工場労働を前提として考えられたものだという話は過去にもしました。

しかしこれだけ日本の産業構造も、そして働き方も、生活も大きく変わったにも関わらず、日本のほとんどの職場では8時間(週40時間)労働が適用されています。

 

私が現在置かれている状況からすると、「ちきりんさんが言う状態とは対極にいるなー」とつい思ってしまうわけですわ。

昭和な長時間労働の体質のところで管理職やって、家事育児をやって、今は妻がちょっと調子悪いという状況なので、睡眠時間を削って日々を何とか回す状態。

これは絶対になにかがおかしいとこの数か月思っていたところにこのツイートがあり、やっぱそうだよなー、と思っていたところでした。

 

基本的にこのブログで(私も含め)皆さんに目指してもらいたいのは、さすがに週1日まではいかなくとも将来的に時間の自由と場所の自由です。どちらも「拘束されない」がキーワードですね。

もちろんこのあたりの感覚は人によって異なるので、自分が快適と思えるところを探して、目指してもらえれば良いと思います。

 

片や某政党はこの参院選に向けてのポスターで

「8時間働けばふつうに暮らせる社会へ」

というメッセージを打ち出していました。

8時間働いても暮らせない、という人が現実にいるのも知っています。

 

あなたが今現在どのような状況で生活し働いているのかはわかりませんが、これからの時代、備える力の筆頭は「自ら稼ぐ力」だと改めて思った次第です。

その力を備えた上で、あとはどのレベルを求め、どの環境を選ぶかだと思います。

お金はあるに越したことはありませんが、持ちすぎるとまた色々なトラブルを招きます。

環境についても組織の方が力を発揮できる方であれば会社勤めを選べばよいですし(現在の会社か転職かはよりあなたにとってよい環境を選択するだけ)、同じ志を持つ仲間がいれば起業もアリでしょうし、自力で独立してやっていくという道もあります。

 

あなたなりの「稼ぐ力」、この言葉をあなたなりに定義してみましょう。

あなたなりの「稼ぐ力」が定義出来たら、それを因数分解してみましょう。

あなたに既に備わっているものは何ですか?

足りないものは何ですか?

足りないものはどうやって手に入れますか?

-------------------------------------

こんなはずじゃ…と後悔しない生き方を