オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

ワークとライフの関係 その2 一般的な定義

オプショナルキャリア研究所代表の狩谷昇です。

前回「ワークとライフの関係 その1」では、あなたにとっての“ワーク”と“ライフ”をそれぞれ考えてもらいました。

 

では、世の中では「ワークライフバランス」がどのように定義されているかについて調べてみましょう。

内閣府が運営する「仕事と生活の調和」推進サイト

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/index.html

仕事と生活の調和(ワークライフバランス)憲章

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/20barrier_html/20html/charter.html

ここに、なぜワークライフバランスが必要か、という背景に関する記述などもあります。

仕事と生活の調和とは(定義)

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/towa/definition.html

ここでは、まず憲章から、仕事と生活の調和が実現した社会」について引用しています。

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

とされ、

具体的には

(1)就労による経済的自立が可能な社会

(2)健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会

(3)多様な働き方・生き方が選択できる社会

と記述しています。

※具体的なことは上記サイトをご参照ください。

 

そして各報告書などで表現された定義を紹介しています。

「仕事と生活の調和が実現した社会は、老若男女誰もが、仕事、家庭生活、地域生活、個人の自己啓発など、様々な活動について、自ら希望するバランスで展開できる状態である。」

~「「ワーク・ライフ・バランス」推進の基本的方向報告」

 

「個人が仕事上の責任を果たしつつ、結婚や育児をはじめとする家族形成のほか、介護やキャリア形成、地域活動への参加等、個人や多様なライフスタイルの家族がライフステージに応じた希望を実現できるようにすることである。」

~「「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議各分科会における「議論の整理」及びこれを踏まえた「重点戦略策定に向けての基本的考え方」について(中間報告)」

 

「多様な働き方が確保されることによって、個人のライフスタイルやライフサイクルに合わせた働き方の選択が可能となり、性や年齢にかかわらず仕事と生活との調和を図ることができるようになる。男性も育児・介護・家事や地域活動、さらには自己啓発のための時間を確保できるようになり、女性については、仕事と結婚・出産・育児との両立が可能になる。」

~「労働市場改革専門調査会第一次報告」

(平成19年4月 経済財政諮問会議労働市場改革専門調査会)

 

「働く人が仕事上の責任を果たそうとすると、仕事以外の生活でやりたいことや、やらなければならないことに取り組めなくなるのではなく、両者を実現できる状態のことです。」

~「男性も育児参加できるワーク・ライフ・バランス企業へ-これからの時代の企業経営-」

 

政府広報オンラインにもワークライフバランスの特集ページがあります。

https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/201302_02/sitte/index.html

 

人は自分勝手でワガママな生き物です。

自分の置かれた状況によって、環境によって、立場によって、時には気分によって、その言葉の捉え方、解釈は変わります。

 

あなたにとってのワークライフバランスとはどういう意味ですか?

もしくはバランスなんかじゃない!と思っているのであれば、あなたにとってのワークとライフの関係を表す言い回しはなんですか?

 -------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を