オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

「はたらく言葉たち」への批判

今回は「働く軸の見つけ方」をお休みして時事ネタをお送りします。

 

ここ数日、ネット界隈のニュースを賑わしている、阪急電鉄での企画

「阪急電鉄×はたらく言葉たち」ハタコトレイン

批判を浴び、中止に追い込まれたようで、さらにまたネット上では荒れています。

関東に住んでいる私としては実物を見ていないので、あくまでもニュースや記事を通じて感じたこと・思ったこととなりますが、「はたらく」がこのサイトのテーマなので、今回は時事ネタとして触れたいと思います。

 

事の顛末については以下の記事をご覧ください。

www.j-cast.com

www.excite.co.jp

 

nlab.itmedia.co.jp

 

nlab.itmedia.co.jp

 

うーむ、闇は深いですね。

企画した側の意図もわかりますが、広告会社らしからぬ時代感覚とのズレは否めません。

誰に向けて発信したかったのでしょうか?

特に批判を集めているのが、逃げ切り世代と思われる年代もしくは経営者の言葉。

「オレはこれだけ頑張ってきたんだし、これくらいやって当たり前だろ?なんでお前らはこんなことすら出来ないんだ?」

という典型的部下潰しを行う上司の言葉そのまんまです。

 

働くことに対する価値観がこれだけ多様化している時代。

最低限生きていくためにお金は必要ですが、お金のためだけに働くのはうんざりだし、また頑張ったところで報われるかどうかが見えにくい時代。

みんな“自分らしく働きたい”、そして“それに見合った見返りを得たい”と思いながらもなかなかそれが叶うとは思いにくい時代。

 

ここで”自分らしく働く”とか書くと、昭和世代からは「なに甘えたこと言ってるんだ?」と批判を浴びそうですが、”働く”はとても重要ですが人生の全てではありません。

置かれた状況によっては、またそのときの自分の意識レベルによって、全てを投げ打って打ち込みたくなることもあれば、ペースダウンしたいこともありますし、またたまたま不遇な環境に身を置いてしまい「やってられない」と思うこともあります。

 

もちろん今の時代を生きる若い方々の中にも、ベンチャーで働き、将来一発当ててやるぜ!って熱い人には響くでしょう。しかしこれだけ閉塞感に満ち溢れ、希望をもちにくくなっている社会においては共感は得られにくいのではないでしょうか。

 世代間、そして現在の立場間の“はたらく”に対する感覚のギャップは私たちが思っている以上に大きいものだと思います。

 

そんな中であっても、私は“自分らしく働く”ことを追及していきたいですし、どうしたらそれに見合った報酬を社会から受け取ることが出来るのかについても併せて追及していきたいと思います。

 

あなたが考える“自分らしい働き方”そしてそれに見合った報酬はなんですか?

-------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を