オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

みずほFGも副業・兼業解禁

興味深いニュースが報道されたので、時事ネタです。

 

社外での兼業容認=新たな経験、ビジネス向上に-みずほFG社長

www.jiji.com

 

ついにお堅い業界の代表格の一つである金融、それもメガバンクを含むみずほFGまで副業・兼業容認に踏み切りました。

※実質外資系の新生銀行は数年前から解禁しています。

 

この記事にあるみずほフィナンシャルグループ社長の発言

-------------------------------------------------------

「閉じた社内の競争から抜け出し、社内外で通用する能力の育成を目指しており、兼業先への転職についても、社外に人脈が広がるとみて「行ったきりでもいい」と容認する。

-------------------------------------------------------

ものは言い様ですね。

「積極的に出ていってくれると助かるんだけど。できればお荷物になっている人が。」

という思惑が透けて見えます。

 

まあ大概においてこのような場合、エース級の人材から兼業を始め、そしてなぜか複数の企業から声が掛かり転職していきます。

お荷物の方々は積極的に兼業もしないでしょう。なぜなら今目の前にある仕事だけで精一杯でしょうし、プライベートな時間でまたさらに仕事するなんて面倒なことはしたくもなく、あえて副業・兼業をやる理由も見いだせないでしょうから。

何よりも外部のマーケットで自分の市場価値を突き付けられる覚悟がありません。だったら適当に仕事して、飲みに行くほうが人生を豊かにすると自分に言い聞かせていると思います。

 

とはいえ過去のエントリーでも繰り返し伝えているように、いざリストラの嵐が吹き荒れたときに、

「副業・兼業容認していたのにやっていなかったの? その間、あなたは何をやっていたの?」

と言われないようにしたいものです。

 

ちなみに私は副業・兼業をあなたに押し付けるつもりは全くありません。

ただ、外の世界の空気を吸うことや、自分が外ではどのように見られる(評価される)かを知っておくことが大事なのではないかと思っているだけです。

そんな私なので副業・兼業を堂々とできるようになるみずほFGの方々を羨ましく思います。

あなたはこの報道を聞いてどんなことを思いましたか?

-------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を