オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

#採用やめよう

ランサーズが、あえて6月1日の大卒新卒採用解禁日に掲載した日経新聞朝刊の全面広告「#採用やめよう」が話題になっていますね。

 

その掲載の意図を尋ねたインタビュー記事 ↓

www.huffingtonpost.jp

朝刊の広告を見た際には私も随分とまたインパクト狙いの広告で攻めたな~と思いましたが、意図がわかりちょっと納得。

 

従来の働き方に対する価値観の硬直性に対して疑問を投げかける、そして働き方の多様性を考えるきっかけを作る。

私個人としてはこういう議論を待っていた!という感じです。

ただ、このランサーズの秋好社長が言っているように、今すぐいきなり企業も個人も「やり方」を変えるにはあまりにもリスクが大きく感じられるのがこの雇用であり、不安の根底にあるのが社会的なセキュリティ・冒険できる安心感です。

 

企業側も働く個人も、まずは仕事に対するマインドを変えていかなければなりません。

特に個人は、「自分は何が出来て、どんな価値を提供できるのか、そして自分は今後どうしていきたいのか」を意識した仕事の仕方をしていかなければなりません。

企業側は働く個人が中長期的なキャリア形成に役立つと思ってもらえるような仕事の切り出し方や振り方、説明の仕方、そして適切なフィードバックが求められることになりそうです。

 

もちろんすべての職業・職種でこうなるわけではありません。従来型の長期雇用を前提とした正社員という形が合っている業界・職種もあります。

 

これを読んでいる方々は、企業側(経営側)として読んでいる人より、働く個人としての立場で読んでいる人の方が圧倒的に多いでしょう。

その場合、現在のあなたがお勤めの業界、そして企業の立ち位置、さらにあなたの職種・ポジションの将来を想像してみましょう。

 

それによって考えなければならないこと、そしてあなたが何を求めるかによって戦略は変わります。

 

すぐには変わらないかもしれないけど、気づいたら世の中変わってた、ということのないように、まずは自分と向き合い、何を自分は大切にしたいのか、そして何があなたの強みなのかをベースに、今後の働く上での軸を決めましょう。

 

簡単には見つからないかもしれません。が、何も考えずに流されていては永遠にみつかりません。

 

「働く軸はどうやってみつけていけばよいのか」については次回以降で触れていきます。

あなたは何を大切にこれからの人生を生きていくか、決めていますか?

-------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を