オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

ミドルやシニアの不満

最近、いわゆる安定した職場といわれる業界の大手や中堅企業のミドルやシニア(まだ定年前で現役)の方々とお話しする機会が続いてありました。

そしてなぜか私に気を許してくれたのか、愚痴をこぼしたんです。

全員とは言いませんが、多くの方に共通していたのが、現状つまり現在の自分に対する扱いの不満でした。

 

「定年まであと数年という時期にまさか20代の人がやるような仕事をさせられるはめになるとは思っていなかった。」(60代 肩書は次長)

「50代以降、1年数か月おきに部署をたらいまわしにさせられている。折角業務を覚えた途端の異動の連続。私に至らないところがあるなら改善したいが何も言ってくれない。」(60代 肩書は部長代理)

「まさか自分が肩書を外されるとは思わなかった。今じゃ一回り以上年下の上司に、若手と同じようにこき使われている。」(50代)

「50代を過ぎてから、肩書だけは上がっているが、部下は減らされ、部署もたらいまわしされ、今は部下のいない部の部長。笑っちゃうよね。仕事があるだけマシなのかもしれないが、細かい作業を一人で全部こなさなければならいのは辛い。」(50代 肩書は部長)

「40を過ぎても課長どころか係長にすらなれない会社ってなんなんですかね。」(40代後半 主任)

 

まだまだ書ききれない声をたまたま拾うことができましたが、皆さん深刻です。

そんなに親しくもない私にこんな話をするなんて鬱々とした想いを誰かにぶつけたかったのでしょう。社内ではこんな話、出来ないでしょうから。

 

今回ここに登場して頂いた方々に共通しているのは、前述したように安定していると言われる業界にお勤めで、かつ新卒で入社し今に至っています。転職経験のある方は誰もいませんでした。

こうなるとさすがに今から会社の外に飛び出すという発想にはなかなか至らないでしょう。とはいえ現状のままで良いとも思っていない。

 

こういう想いを抱えているミドルやシニアは、かなりの数全国にいるように思います。

こういう方々に対して、何か役に立つヒントを与えられないか。そんなことも今後考えていきたいと思ったこの一週間でした。

 -------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を