オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

日本型雇用、転機に

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。

 

本日(2019/4/19)日経新聞朝刊第1面トップ記事は

「経団連、通年採用に移行 新卒一括を見直し 大学と合意

 日本型雇用、転機に」

でした。

 

まさにこの数回のエントリーでジョブ型組織とメンバーシップ型組織の違いや、日本型組織の課題を挙げたところでなんてタイムリーなニュースなんだろうと思いました。個人的にはよい方向転換だと思いますが、正直遅きに失している感もあります。

 

これで大学生は大学生活に緊張感を持たざるを得なくなりました。いつから始めてもよい、インターンが採用活動になる、ということはじっくりと企業を選ぶことができます。今まではモラトリアム期間で済みましたが、いつから始めてもよい、ということになると従来以上に自分のキャリアは自分で築くことを問われます。

 

企業側も同様です。学生から愛想を尽かされないようにインターンシップをより良いものに、そして学生にとって魅力的であり続けなければなりません。数回の面接ではわからなかったところまで見抜かれる可能性は格段と高くなります。

 

そして大学。最も緊張感が、そして危機感が薄い組織だと思います。教員は研究者であることを盾にして学生の進路について責任を負うことなくこれまではこれましたが、これからは教育活動を通じて学生をどう育てるか、どう輩出していくかをより一層社会から問われることになるでしょう。

 

企業の採用は、今までもルールがあると言いながらも実質的には何でもアリでしたが、これで堂々と好きな形で採用活動をすることができます。学生からしたら就活ほど本音と建て前が同居する大人の世界をまざまざと見せつけられてきた茶番はありませんから。

 

「働き方改革」と称する政府の活動ですが、法律の改正と共に就活ルール撤廃にも同意したということは、産業界に押し切られたとも言えますが、昭和型の意識ではもうダメだということを世の中全員に伝えたいのかもしれませんね。

 

私たちも良い意味での緊張感を持って自分のキャリアに責任を持って生きていきましょう。

-------------------------------------

今日よりもちょっと良い明日を