オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

なぜ会社にしがみつくのか

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。

 

先日の「複数の泉が必要と思ったワケ」からつながる内容です。

よく「給料はガマン料」という人がいます。「会社を辞めたら家族を養えないから/生きていけないから、だから会社は辞められない」という人もいます。もしも精神的もしくは酷いい長時間労働が慢性化しているなど肉体的に追い詰められていて、悪化した場合の悲劇としてはメンタル不調に陥ってしまったり、身体を壊したり、最悪の場合、自死を選ぶ方もいます。

 

このテーマで書こうとしたら、私が結論として言いたいことを既にわかりやすく代弁しているブログがありました。超有名大物ブロガーのちきりんさんが

『「いつでもやめられる」ことこそ強者の特権』

https://bit.ly/2SM0EEV

というエントリーがありますので、まずはそちらをお読みください。

 

「そりゃそーかもしれねーけどよ、そんなに簡単に辞められっかよ!」

「俺(わたし)はお前とかちきりんとは違うんだよ!」

っていう声があちこちから聞こえてきそうな気がします。

 

誤解してほしくないのは、私は、そしてちきりんさんも「今すぐ会社を辞めなさい」とは一言も言っていません。(ホリエモンさんだったら、「まだサラリーマンなんてやってんの?」くらいはフツーに言っていますが苦笑)

 

今回のエントリーのタイトルは「なぜしがみつくのか」です。

なぜ「しがみつくのか」について、次回以降なぜ私がそこにこだわるのか、そしてしがみつく構造を分解していきたいと思います。

 

その2に続く