オプショナルキャリア計画(旧名:FUKUSEN思考)

このままではヤバいかも、と不安を抱える人に贈る現状打破講座

雑記・時事ネタ

早期退職はや8000人、18年の倍 次を見据える中高年

今回は時事ネタです。 昨日(2019年7月7日付)日経新聞朝刊に掲載されていた記事からお届けします。 なかなか衝撃的な記事でした。 https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20190707&ng=DGKKZO47058460W9A700C1EA2000 リード文では ----------------------…

希望

基本的にこのブログでは、時事ネタ以外では日記のようなことはあまり記さない方針で行ってきていますが、今回は良い話だったと思ったので、こちらに残しておこうと思います。 私の恩師の一人、といっても直接教えを受けることができたのは10回にも満たないの…

「仕事は単発」700万人に 人手不足背景に急増

今回は「消化試合の人生」シリーズをお休みし、時事ネタからお届けします。 2019年7月4日付け 日経新聞電子版の有料会員向け記事として、 『「仕事は単発」700万人に 人手不足背景に急増』 www.nikkei.com というものがありました。 いわゆるギグワークを特…

年金2,000万円不足問題と損保ジャパンの転籍問題

オプショナルキャリア研究所の狩谷昇です。 今回は、シリーズ連載する予定の「消化試合の人生」を一回お休みし、時事ネタで気になるコラムがあったので、それを紹介したいと思います。 「老後2000万円問題、日本全国で「ある勘違い」が蔓延しているワケ」 ge…

脱出する?しない?

前回の「“不安”“不満”に対する打ち手から考えるあなたの未来」では、“不安”や“不満”に対する打ち手に対して自分はどう向き合いたいかをベースに、そこからあなたが取り得る選択肢を考え、それぞれのメリット/デメリットを洗い出し、シナリオも描いていただ…

中高年の副業トラブル

本日(2019/6/18)のNHKニュースウォッチ9でSNSに関連した消費者トラブルについての報道がありました。 キーワードは“中高年”の“スマホ”を使った“副業”だそうです。 私がこのサイトで、働き方の一つとして提唱している“副業”がネガティブなイメージとなりそ…

「はたらく言葉たち」への批判

今回は「働く軸の見つけ方」をお休みして時事ネタをお送りします。 ここ数日、ネット界隈のニュースを賑わしている、阪急電鉄での企画 「阪急電鉄×はたらく言葉たち」ハタコトレイン 批判を浴び、中止に追い込まれたようで、さらにまたネット上では荒れてい…

副業労働時間の通算見直し

昨日(2019年6月5日)付 日経新聞夕刊の1面トップ記事は 「副業労働時間の通算見直し 割増賃金と分離 規制改革会議、承継支援へ地銀出資を緩和」 として、またまた副業の解禁、そして推進へ向けての記事が出ていました。 財務省新聞とも時折揶揄される日経新…

みずほFGも副業・兼業解禁

興味深いニュースが報道されたので、時事ネタです。 社外での兼業容認=新たな経験、ビジネス向上に-みずほFG社長 www.jiji.com ついにお堅い業界の代表格の一つである金融、それもメガバンクを含むみずほFGまで副業・兼業容認に踏み切りました。 ※実質外…

#採用やめよう

ランサーズが、あえて6月1日の大卒新卒採用解禁日に掲載した日経新聞朝刊の全面広告「#採用やめよう」が話題になっていますね。 その掲載の意図を尋ねたインタビュー記事 ↓ www.huffingtonpost.jp 朝刊の広告を見た際には私も随分とまたインパクト狙いの広…

漂流する部長課長 働きたいシニア、手放したい企業

楠木新氏が著した「定年後」以来、50代、40代をターゲットにした本、それも定年準備に関する本がやたら発売され、売れ行きも良いようですね。。 なかなか本が売れない時代の中、まだ本を読む習慣があるのが団塊世代から団塊ジュニア世代の現在40代から60代。…

想いをことばにする

私は活字中毒です。 本好き、というだけにとどまらず、いまだに雑誌も好き。 メンタリストのDaigoさんが図書館に住みたい、と言っていたのを聞いたことがありますが、私もまさにそう。 家の中は本で埋まり、常にカバンの中には本があり、時間があれば本屋に…

終身雇用はもう限界

たまたま前回の「かつて私が中国に住んでいた時に感じたこと」で、日本の若者も中国の若者同様、国や企業を信用しなくなっている、と言う話をしました。 そこでは「終身雇用」や「社員は家族」なんて謳っていた企業がリストラするのを見て…と書きましたが、…

引き際

今日は元号が変わった日。 平成が昨日で終わり、本日から令和という時代が始まりました。 メディアはこの1ヶ月くらい、平成の総まとめと令和への期待に関する特集ばかりでしたね。 皇室の儀式がこれだけ生放送で中継されたことは恐らく史上初でしょう。 皇室…

相談料

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。 こんな記事が昨日(2019/4/23)ネットに上がっていました。 JTBの旅行相談が有料に?店舗の張り紙の理由を聞いてみた | ハフポスト とても興味深い実験です。 今まで日本では相談に関してお金を払う、という慣習がほぼ…

転換点

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。 過去のエントリー「日本型雇用、転機に」「幅広く、そしてちゃんと学ぶ」では経団連と大学が通年採用で合意したことにより、特に学生そして学生を育み輩出する大学が変わらざるを得ない、ということを伝えました。 しつ…

日本型雇用、転機に

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。 本日(2019/4/19)日経新聞朝刊第1面トップ記事は 「経団連、通年採用に移行 新卒一括を見直し 大学と合意 日本型雇用、転機に」 でした。 まさにこの数回のエントリーでジョブ型組織とメンバーシップ型組織の違いや、…

なぜ会社にしがみつくのか その4

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。 「なぜ会社にしがみつくのか その3」の続きです。 では「しがみつく」というのはどういうことなのでしょうか。今回はしがみつく構造について考えてみましょう。 まず、「しがみつく」とはどういう意味か。 精選版 日本…

私たちにとっての新しい一歩

生き方・働き方改善士のFUKUSENです。 今日は4月1日。 新年度の始まりであると同時に、新元号の公表の日であり、今日の話題は「令和」でもちきりでしたね。 「令和」。 昭和に生まれた私からすると「和」がまた入ったことに驚きましたし、「ら行」から始まる…